世界最軽量を謳うマウス!Pulsar Xlite

こんにちは。あっぷるです。

今回は新しいマウスを購入したのでPlusarのXliteを紹介したいと思います

開封

内容物は以下の通りです。

  • マウス本体
  • 説明書
  • ステッカー

3つのみです。シンプルですね。

側面には左サイドにはサイドボタンが2つあります。僕が前使っていたGloriousのmodel Oよりも大きいのでだいぶ押しやすいです。

右サイドは特になにもありません。

背面はめっちゃ穴空いてますね。こういうところで重さが削られているんだと思います。

ホイール下にPulsarと掘られています。

ちなみにこのマウスはRGBライティングなどは搭載されていません。

公式ソフトウェア

DPIなどの設定はすべて公式ソフトウェアで設定することができます。

公式ソフトウェアは下のリンクからダウンロードすることができます。

Pulsar Xlite software Download link

ソフトウェアはこのような感じです。

基本的なボタンをメディアの再生ボタンに変えたり、DPIの変更したりすることができます。ちなみにマクロやキーコンビネーションを組むこともできます。

Profileは5つまで設定することが可能で、DPIは50~20000DPIの間で設定することができます。

そのほかの機能としては、Windows上での感度の設定、スクロールの速さ、ポーリングレートなども変更することができます。

RGBライティングは搭載されていないため、設定項目などはありません。

使用感

実際にApex,Fortnite,Minecraftなどをプレイしてみた感想です。

良いところ

マウスホイールは結構回しやすいです。またマウスホイールのクリックは結構カチッっという押した感触があります。

質感はサラサラしていますが、滑りやすいことなども特にないです。

サイドボタンは先程も言ったとおり大きくて押しやすいです。

ケーブルも柔らかいので動かしにくいこともないです。

ちょっと気になるところ

僕は基本マウスをかぶせ持ちで握るのですが、少し小さいという感じがあります。僕の手はそこまで大きいわけではないと思うのでですが、持ちにくいという感じがありました。つかみ持ちの場合は問題ないかと思います。

まとめ

この値段でこの性能、すごくいい製品だと思います。
ただしマウス本体は少し小さく感じるのでかぶせ持ちの方や手の大きい方は気をつけましょう。

マウス本体+マウスバンジー+グリップテープ

マウス本体のみ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA