iOS15 Beta ブラウザで動画の音声しか再生できないバグの対処法

スマホ

こんにちは、あっぷるです。

今回はiOS15betaを使用している方への記事となっています。

iOS15betaはまだ開発中のため、今回のようなバグが沢山あります。

そのため、安易に使用しず、理解した上でインストールするようにしましょう。

発生条件

具体的なバグの内容としては、ブラウザで動画を再生したとき、音声しか再生することができないというバグです。

このバグはios15Beta5で発生しており、どのブラウザを使用していても、発生することも確認しています。(Google Chrome,Safari,FireFox,Operaで確認)

ブラウザ上で閲覧する動画(YouTubeやVimeo,TikTok,その他のプラットフォームの動画で確認)で関係なく発生します。

なお、アプリ版を使用して閲覧する場合、問題ありません。(YouTube,TikTokで確認)

対処法

これは応急処置的な対処法となっており、根本的な原因を解決するわけではありません。

また、この方法で閲覧することができない場合もあります。

その場合は、該当するiPhoneではない端末を使用して閲覧するしか方法がありません。

対処法としては動画ダウンロードアプリを使用して動画を閲覧することです。

現在ダウンロードできるアプリでおすすめの動画ダウンロードアプリはKingbox,Clipbox+などがおすすめです。

原因の可能性

私の環境では一応、解決することができました。

しかし、これが明確な原因とは断言できないため、心当たりのある方のみやってみてください。

上の記事で紹介していた広告ブロッカーが原因の可能性がありました。

私は設定からこの広告ブロッカーを削除することで動画を閲覧することが出来ました。

しかし、この広告ブロッカーはSafariに入れていたのにも関わらず、Google ChromeやFireFox、Operaなどでも動画が見れなかったので、関係ない可能性が高いです。

まとめ

今回はios15beta5のバグと対処法について解説しました。

最初でも言ったように、ios15はまだ開発途中のため、バグが沢山あります。

そのため、一般の人はあまり使用せず、正式版を待つようにしましょう。

「あっぷるのブログ」では、パソコン、スマホの困ったことを解決する方法についてや、パソコン、スマホなどのレビューなどの記事を書いています。

気になる方はほかの記事もご覧ください!

スマホ
シェアする
Follow Me!
あっぷるのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました