おすすめのウイルス対策ソフトはどれ?比較して紹介!

ソフトウェア

こんにちは、あっぷるです。

今回はおすすめのウイルス対策ソフトを紹介していきたいと思います。

ウイルス対策ソフトっていろんな種類があって、どれを使えばいいかわかんないですよね。

そんな方に少しでも参考になればと思います。

では早速紹介していきます。

無料ソフトから比較していく

サービス名

Windows Defender


Malwarebytes


Avast
侵入防御率良い良い良い
侵入済み検知率微妙良い良い
駆除率微妙良い微妙
処理負荷軽い微妙重い
対応デバイスWindowsのみWindows,MacWindows,Mac,iOS,Android
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

今回、仮想環境にWindows10とウイルスを入れて、各ウイルス対策ソフトの性能を比較していきました。

まずは侵入防御率です。

インターネットからウイルスを何種類かダウンロードしてみましたが、全てダウンロードの時点で削除されました。

次にパソコンに侵入済みのウイルスの検知率です。

5つのウイルスをそれぞれ感染させ、すでにインストールしたものを検知するか検証しました。

結果としてはWindows Defenderは3つ検知、Malwarebytes、Avastはすべて検知しました。

次に駆除率です。

先程入れた5つのウイルスをそれぞれ駆除できるかというものです。

Windows Defenderは2つ駆除、Malwarebytesはすべて駆除、Avastは3つ駆除という結果になりました。

最後に処理負荷です。

ウイルス駆除中にどれぐらいの負荷がかかっているか、ウイルスが侵入していないときの状態をタスクマネージャーで監視していました。

Windows Defenderはほぼ無負荷、Malwarebytesは通常時1%程度、ウイルス駆除中で30~50%、Avastは通常時1%程度、ウイルス駆除中でほぼ50%程度となりました。

処理は全体的に重くなく、ディスクの使用率が高かったという印象でした。

結果をまとめると…

・侵入防御率はすべて同じ

・侵入済みウイルスの検知率はMalwarebytesとAvastが同率

・駆除率はMalwarebytesが勝利

・バックグラウンドの処理はWindows Defenderが勝利

という結果になりました。

結局無料ソフトはどれがおすすめ?

無料ソフトでおすすめなのは結果から見て、Malwarebytesかなと思います。

侵入済みウイルスの検知率、駆除率から見て圧勝だと思います。

しかし、そもそもウイルスが侵入しなければ、検知率や駆除率は一切関係ないので、WindowsユーザーならWindows Defenderで十分かと思います。

もしものために入れておくなら、Malwarebytes1択ですね。

有料ソフトを比較していく

今回はすべて購入するとなるとなかなか高いので、無料トライアルや体験版のものを使用しました。

サービス名

Mcafee アンチウイルス


ウイルスバスター クラウド


ノートン アンチ ウイルス
侵入防御率良い良い良い
侵入済み検知率良い良い良い
駆除率普通すごく良い良い
処理負荷軽い重い普通
対応デバイス Windows,Mac,iOS,Android Windows,Mac,iOS,Android Windows,Mac,iOS,Android
価格(1年間)3,440円(税込)5,720円(税込)4,380円(税込)
端末数(ライセンス1個につき)1台3台1台
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

こちらの検証条件も先程の無料のソフトの検証条件と同じく、仮想環境にWindows10をインストールして検証を行っています。

まずは侵入防御率ですが、全ソフトが5つのウイルスをブラウザからダウンロードする時点で感知し、削除されました。

次に侵入済みウイルスの検知率です。

こちらもさすが有料ソフトと、全ソフトが5つのウイルスを検知しました。

次は駆除率ですが、なんとインストールしたウイルス5つすべてを駆除しました。

ウイルスバスターは駆除の速度が他のものに比べ、早かったのですごく良いとさせていただきました。

処理負荷ですが、Mcafeeは軽い、ノートン アンチウイルスは普通とさせていただきました。

ウイルスバスターは駆除率が早い分、負荷はその他に比べ、少し高めでした。

価格はMcafeeが一番安く、ウイルスバスターが一番高いですが、ウイルスバスターは1ライセンスにつき、3台の端末で使うことができるので、コスパ的にはウイルスバスターが一番いいですかね。

結果をまとめると…

・侵入防御率はどれも優秀

・侵入済みウイルスの検知率もどれも優秀

・駆除率は少しだけウイルスバスターが高いけどほとんど変わらない

・処理負荷はMcafeeが一番軽い、ノートンは普通、ウイルスバスターは重め

・コスパはウイルスバスター一択

という結果になりました。

結局有料ソフトはどれがおすすめ?

結論、どれがおすすめかと言うとウイルスバスターが一番オススメなのかなと思います。

侵入防御率や侵入済みウイルスの検知率、駆除率などはどの有料ソフトもほとんど変わらないかと思います。

そうなるとコスパの面からウイルスバスターが一番オススメなのかなと思います。

しかし、今回比較しているプランは一番下位のグレードのウイルス対策をメインとしたプランで比較しています。

そのため、少し上のグレードのプランを購入すればVPNや広告ブロッカーなども使用できるので、そちらで選ぶのもいいかと思います。

今回のウイルス対策をメインとした場合だと、ウイルスバスターがおすすめかと思います。

公式サイトでなくても、Amazonなどでも販売されており、価格が違うのでそちらもご覧ください。

まとめ

今回はおすすめのウイルス対策ソフトについて紹介しました。

ネットが成熟してきている今、どんなところからウイルスが入ってきていてもおかしくありません。

大切なデータを扱っている場合は対策しておいたほうが絶対にいいと思います。

「あっぷるのブログ」では、パソコン、スマホの困ったことを解決する方法についてや、パソコン、スマホなどのレビューなどの記事を書いています。

気になる方はほかの記事もご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました