iOS16パブリックベータ版が公開!バグは?使い心地は?

Apple
スポンサーリンク

こんにちは、あっぷるです。

数日前にiOS16や新MacOS Venturaのパブリックベータが公開されましたね。

筆者もiOS16パブリックベータを実際にインストールしてみたので、使用してみた感想についてまとめていきたいと思います。

iOS16の新機能については下記記事でまとめているので、そちらもぜひご覧ください。

iOS16はどこからインストールするの?

iOS16はまだ正式リリースではありません。

そのため、特別な方法を使用しないとインストールすることができません。

iOSパブリックベータ版のインストール方法については下の記事で詳しく解説しています。

使い心地は?

実際に使ってみた感想について、順に見ていきたいと思います。

ロック画面

新しくなったロック画面

まずはロック画面からです。

ロック画面に新たにウィジェットが配置できるようになり、時間のフォントの変更などが可能になりました。

ウィジェットの配置が可能になったのは便利ですが、パブリックベータ時点ではサードパーティ製のウィジェットを使用することができないため、機能的にあってもなくても変わらないなと感じました。

これは正式リリース時には解決されると思います。

しかし、Appleがデフォルトで用意しているウィジェット自体あまり多くないので、もう少し用意しても良いのではないかと思いました。

また、ウィジェットの配置可能な場所は写真の通りすごく狭く、小さなウィジェットしか設置することができません。

もう1列分、配置可能なスペースがあるともっと便利になるのではないかと思います。

フォントやテキストカラーの変更は、ロック画面をこだわっている人には嬉しいですよね。

背景の画像と揃えることができるのは、非常に良いと感じました。

通知センター

通知センターは、ロック画面の変更に伴って少し変更されました。

iOS15までは通知センターを開くことですぐに過去の通知が確認できましたが、iOS16からは上にスワイプしないと表示されなくなりました。

見た目は良くなりましたが、必要な動作が増えてしまったので少し使いにくくなった印象です。

画像のテキスト認識機能

画像のテキスト認識機能ですが、非常に便利という印象です。

いちいち文字起こしをする必要がないので、便利ではありますが、使い所が限られる機能のように感じました。

リアルタイムのテキスト認識機能も同様です。

画像の自動切り取り

次に画像の自動切り取りです。

こちらは精度もよく、便利だとは思いますが、先程のテキスト認識機能と同様、使う人、使い所が限られるなと感じました。

普段、写真の編集はPhotoshopなどを使用して行う人からするとスマホで編集する必要があるのかとは思ってしまいます。

ですが、どの画像編集アプリやソフトよりも手軽なのは間違いないと思います。

バグの有無

開発者版iOS16に比べると結構安定しているのかなと思いました。

私の使用している限りでは動かないアプリもなく、目立ったバグ等も見つかりませんでした。

そのため、比較的安心してインストールすることができるかと思います。

まとめ

今回はiOS16パブリックベータ版を実際に使用してみて使い勝手などについてまとめてみました。

ロック画面にウィジェットを配置できるようになるのは一番期待していましたが、サードパーティ製のウィジェットが使えるようにならないとあまり使い所がないなと感じました。

サードパーティ製ウィジェットが使用できるようになるのは正式版からかと思うので、正式版を待ちたいと思います。

「あっぷるのブログ」では、パソコン、スマホの困ったことを解決する方法についてや、パソコン、スマホなどのレビューなどの記事を書いています。

気になる方はほかの記事もご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました