動画編集におすすめなPCは?一番悩む部分徹底解説します!!【Aviutl編】【Filmora編】

挨拶・今回の話題

こんにちわ、あっぷるです。

今回は「編集を始めるぞ!」と思っている人が一番迷うであろう

編集用に使うパソコンは何を買ったらいいのかについて解説

していきたいと思います。

今回の記事は前回の記事の続きとなります。

そのため前回の記事を見みてから見ることをおすすめします。

apple-editor.hatenablog.com



f:id:apple_editor:20201012171421p:plain

Aviutl用構成

 

f:id:apple_editor:20201228021835j:plain


CPU:intel core i5 9400F

 メモリ:DDR-4 2666hz 8GB

GPU:GeForce GTX1650 4GB

ストレージ:SSD 256GB & HDD 1TB

Aviutlは32bitソフトのためメモリを4GBまでしか使うことができません。

そのため、メモリは8GBあればブラウザを開きながらできるので

メモリは8GBで十分だと思います。

Aviutlは基本的に描写にGPUを使わないためGPUはそこまで

グレードの高いものでなくても問題ありません。

 

 

f:id:apple_editor:20201228021857j:plain

CPU:intel Core i5 9400F

メモリ:DDR4-2666hz 16GB

GPU:GeForce GTX1650 4GB

ストレージ:SSD 512GB & HDD 2TB 

Filmoreは基本的に最初からあるテンプレートを使用して動画を作成するのが

メインのソフトです。そのため、YouTubeなどの編集はできますが

CG、モーショングラフィックスなどには向きません。

そのためあまり重い編集をすることがないためそこまで

スペックはいらないかと思います。

僕的にはFilmoreはあまりオススメしません。高度な編集をしたい方は

AviutlかAftereffects,に加えてここでは紹介していませんが、Davinci Resolveという

編集ソフトの3つをおすすめします。

Aviutl,Filmoreは比較的スペックが低くても動くソフトです。

Aviutlは無料なので入門としてやるにも丁度いいかと思います。

 

 

関連記事

 

apple-editor.hatenablog.com

apple-editor.hatenablog.com