自分の好みのキーボードを見つけろ!用途に合わせたキーボードの選び方!【メカニカルキーボード】【ゲーミングキーボード】

f:id:apple_editor:20210419231135p:plain

挨拶

こんにちは。あっぷるです。

今回は、PCを扱う上でなくてはならないキーボードの選び方やそれぞれの
キーボードの違いについて解説していこうと思います。

 

 

使用用途

f:id:apple_editor:20210419195413j:plain

にキーボードと言っても用途はいろいろあります。

『大学でレポートを書くから長時間使ってても疲れないものがいい!』

 

『持ち運ぶから小さいのがいい!』

 

『家でゲームをしたいから、光るキーボードが欲しい!』
いろいろあると思います。

用途に合わせたキーボードを買いましょう。

 

キーボードの種類

一概にキーボードと言ってもたくさんの種類があります。

その違いとしては主にスイッチの構造や軸などがあげられます。

 

メンブレンキーボード

f:id:apple_editor:20210419195523j:plain

二枚のシートが接触し、電気が流れることで入力されたと認識されます。
構造上、深く押さないと反応しないため、長時間の使用には向きません

またキーボードの中にゴム製のシートが入っているため押した感じは
ゴム特有の柔らかい弾力のある感じがします。

音はそこまで大きくはありません。

 

メカニカルキーボード

f:id:apple_editor:20210419212432j:plain



各キーに独立したスイッチが設置されており、それを押すことで反応します。

スイッチの中にはバネが入っているため、押し心地はすごく気持ちいいです。
しかし物理的な接点があるため、音が少し大きいという難点もあります。

しかしこれは後に紹介するスイッチの種類によっても変わってくるので
メカニカルキーボードを購入する場合はスイッチの種類も見るようにしましょう。

メカニカルキーボードはメンブレンキーボードに比べれば、
長時間使用することはできますが、あまりおすすめはしません。

長時間使用する場合は、次に紹介する静電容量無接点方式のキーボードを
おすすめします。

 

f:id:apple_editor:20210419202458p:plain

静電容量無接点方式

f:id:apple_editor:20210419200129j:plain



高級キーボードなどに使われる構造として静電容量無接点方式と呼ばれるものが
あります。先程のメカニカルキーボードとは違い、物理的な接点がないため
非常に静かで、耐久性があるという特徴があります。

静電容量無接点方式は音が静かで、疲れにくいのでライターやプログラマーなどに
人気のキーボードとなっています。

 

f:id:apple_editor:20210419200037p:plain

 

メカニカルキーボードのスイッチの種類


メカニカルキーボードにはスイッチ(軸)というものがあり、
その軸によって押し心地や、押したときの音が違います。

メカニカルキーボードの軸には、主に3種類あって、『青軸』『茶軸』『赤軸』

というものがあります。(厳密にいうともっとあります)

青軸

f:id:apple_editor:20210419213145j:plain

3つの軸の中でも、打鍵音(カタカタ音)が結構大きいです。
キーのクリック感も重く、しっかりと入力してる感じがあります。


茶軸

f:id:apple_editor:20210419213200j:plain

青軸と赤軸の中間のようなもので、適度なクリック音にキーの重みがあるので
ゲーム以外での使用にも適しているため幅広い層で使える仕様だと思います。

赤軸に抵抗ある人はこちらでもいいかもしれません。

 

赤軸

f:id:apple_editor:20210419213245j:plain



3つの軸の中で、1番キーが軽いです。クリック感はさほどありませんし、
タイピング中の
打鍵音(カタカタ音)も小さく静かです。
高速入力が必要な場合でも手が疲れにくいというのも長所なのでゲームだけで
なくブロガーさんやプログラミング入力にもよいかもしれません。

 

 他にも

f:id:apple_editor:20210419213921j:plainf:id:apple_editor:20210419213920j:plain

ゲーム向けの反応の早い銀軸や、青軸よりも重い打鍵感の黒軸など
様々な種類の軸があります。うち心地や音などは店頭などで確認して
好みを探してみてはどうでしょうか。
 

サイズ 

f:id:apple_editor:20210419215930p:plain

テンキーありのフルサイズキーボード、テンキーなしのテンキーレスキーボード、
F1~F12キーのない60%キーボードなど様々なサイズのキーボードがあります。

 

Excelなど、数字入力をすることが多い人にはテンキーのついたフルサイズキーボード
普段使いならテンキーレスキーボードゲームをする人には60%キーボード
おすすめします。

 

f:id:apple_editor:20210419220017j:plain

Excelなど数字を入力することが多い人には数字の入力がしやすい、
フルサイズキーボードをおすすめします。ですがゲームなどもする人には
フルサイズキーボードは邪魔になりやすいので、テンキーレスキーボードと
外付けのテンキーを使うのも一つの手段です。

 

どの用途にも使えるという意味ではテンキーレスキーボードがちょうどいい
サイズかなと思います。

 

おすすめキーボード

フルサイズメンブレンキーボード

Logicool G213

f:id:apple_editor:20210419221945j:plain

 Logicoolから発売されているフルサイズメンブレンキーボード『G213』です。

 比較的低価格なので入門用として丁度いいキーボードです。

 

 

フルサイズメカニカルキーボード

 Logciool G512

f:id:apple_editor:20210419222602j:plain

 Logicoolが発売しているフルサイズメカニカルキーボード『G512』です。

軸はクリッキー(青軸)、タクタイル(茶軸)、リニア(赤軸)の3種類があります。

個人的にはリニア(赤軸)がおすすめです。

 

 

テンキーレスメカニカルキーボード

Corsair K65 RAPIDFIRE

f:id:apple_editor:20210419223316j:plain

Corsairが発売しているテンキーレスメカニカルキーボード『K65 RAPIDFIRE』です。

軸は銀軸で、ゲーム用のテンキーレスキーボードではド定番の商品です。

数々のプロゲーマーが使用してきた商品で、実績のある商品です。

 

 

Razer Huntsman Tournament Edition

f:id:apple_editor:20210419224238j:plain

 Razerが発売する『Huntsman Tournament Edition』です。

軸には、Razerが独自で開発しているリニアオプティカルスイッチが採用されていて
銀軸よりも高速な入力を可能としています。

 

 

60%キーボード

HK Gaming GK61

f:id:apple_editor:20210419224644j:plain

 HK Gamingが発売する『GK61』です。

GK61には軸にGateron(ガテロン)というメーカーのオプティカルスイッチが
搭載されています。

またこのキーボードはホットスワップに対応していて、自分で購入したスイッチを
付けることができ、自分の好きな軸で60%キーボードを作ることができます。

 

 

Razer Huntsman Mini

f:id:apple_editor:20210419224956j:plain

Razerが発売するHuntsmanシリーズの60%キーボード『Huntsman Mini』です。

軸は先程のHuntsman Tournament Editionと同じ独自のリニアオプティカルスイッチを
採用しており、銀軸よりも高速な入力が可能です。

 

 

静電容量無接点方式

東プレ REALFORCE SA R2

f:id:apple_editor:20210419225330j:plain

東プレという日本のメーカーの『REALEFORCE SA R2』というキーボードです。

フルサイズキーボード、テンキーレスキーボードの両方があります。

なんと言ってもスイッチは静電容量無接点方式で長時間の使用に疲れにくく、
静かです。決して価格は手頃とは言えませんが仕事道具として使う場合は
ケチらずにこれくらいの高級キーボードを選ぶのもいいと思います。

 

 

VARMILO カスタマイズキーボード

f:id:apple_editor:20210419225755j:plain

VARMILOが発売しているカスタマイズキーボードです。

キーボードサイズ、軸、プレートカラー、キーキャップカラーなど色々なものを
カスタマイズすることが可能なキーボードです。

軸の中にはVARMILOが独自に開発している静電容量無接点方式スイッチもあるので
カスタマイズがしたい、静電容量無接点方式のキーボードが使ってみたいという方に
おすすめの商品です。
こちらも決して価格が安いとは言えませんが、欲しい人には欲しい物だと思います。 

 

jp.varmilo.com

 

まとめ

今回は自分の用途にあったキーボードの探し方とおすすめの
キーボードを紹介しました。もし気になる商品があった方はぜひ見てみてください!