Magsafe対応!iPhoneに引っ付くカードケースをレビュー!

3.5
スマホ

こんにちは、あっぷるです。

今回はMagsafe対応のカードケースを購入したので、レビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

見た目

実はAppleの公式が同じようなものを出しているのですが、6000円と流石に高価なので、互換品を購入しました。

今回購入したのはブラックのものですが、他にもオレンジやイエロー、レッドなど公式にない様々な色があるため、今回は互換品を購入しました。

見た目は、Apple純正と同じ見た目をしており、色だけが違うようです。

縫い目が荒いということもないので、安心して使用する事ができるかと思います。

装着してみる

使用するときはケースの中に、磁気エラー防止シートをスマホとICカードの間に挟んで使用しています。

この状態でiPhoneにくっつけてみるとこんな感じです。

ケースを挟んでくっつけると磁気が弱く、落としそうです。

そのため、私はMagSafeの磁気を強力にする円形の磁石をケースの下につけています。^

厚みはこのくらいで、つけていてもつけていなくてもあまり気にならない程度の厚みとなっています。

また、今回の商品はMagSafeと呼ばれるiPhone12以降から搭載された磁石を使用して、くっついています。

そのため、基本的にはiPhone12以降のiPhoneを使用している方しか使用することはできません。

しかし、スマホ本体にMagSafe用の円形の磁石を貼り付けることで無理やり使用することもできます。

実際に使用してみた感想

スマホの磁気と干渉して反応しない

先程の写真でも分かる通り、磁気エラー防止シートをスマホとICカードの間に挟んでいましたが、実はそれには理由があります。

実際に電車に乗るときにカードを入れた状態で機械にかざしてみたのですが、エラーが出てしまいました。

もう一度かざしてみても、同じようにエラーが出て、反応しなかったのでその時は仕方なくカードをケースから出してかざして通りました。

後日調べてみたところ、スマホから出る磁気がカードと干渉してしまい、うまく認識されないことがあるようです。

そのため、磁気エラー防止シートを使用することで、ケースに入れた状態で使用することができるようになりました。

ケースを挟むと磁気が弱い

また、ケースを付けた状態でつけようとすると、磁気が弱いため、時々落としそうになってしまうことがあります。

そのため、ケース無しで使用するか、MagSafeの磁気を強くするための磁石を購入するといいかと思います。

総合的に見ると…

上記に書いたように欠点がありますが、欠点も他のアイテムを使用することで解決できるので、このカードケースはおすすめできると思います!

手帳型ケースだと最初からカードを入れることもできますが、あまりデザインの種類が豊富でないので、デザインを気にする方はこっちなのかなと思います。

カードケースを購入している方は、MagSafe用の磁気を強力にするための磁石と磁気エラー防止シートの購入をお忘れなく!

「あっぷるのブログ」では、パソコン、スマホの困ったことを解決する方法についてや、パソコン、スマホなどのレビューなどの記事を書いています。

気になる方はほかの記事もご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました